HOME>イチオシ情報>介護福祉士として働くためには?求人の見方やポイントについて

介護福祉士とは

高齢者や障碍者の身体的、または精神的ケアを行う仕事です。お風呂やトイレの介助を始め、話し相手になったりリハビリを手伝ったりなども重要な仕事内容の一つです。

介護福祉士の求人情報を見るときは、ここをチェック!

  • 給与待遇は働く条件の基本となる項目。月にいくらもらえるか必ずチェックしましょう。
  • 資格手当は非常に重要です。手当の有無で年収も変わってきます。
  • なるべく通いやすいところにしましょう。継続年数に影響する場合があります。
  • 介護福祉士の求人は多い傾向にあるので、ある程度他と比較してみることもおすすめです。
  • 夜勤があることがほとんどなので、夜勤体制の詳細待遇などをりっかり見ておきましょう。
  • 残業がどの程度あるのかも聞いておきましょう。記載がない場合は直接聞いてイメージをふくらまします。
  • チーフの人柄や代表者の雰囲気なども重要です。自分に合うか見極めましょう。
  • 働く施設の設備なども必ず見ておきましょう。
  • 平均勤続年数などをチェックしておくと、働きやすい環境かどうかの目安になります。
  • 楽しそう、続けられそうという直感も大事にしましょう。

いろいろな方法で探せる

女性

介護福祉士としての資格をゲットしているのなら、さまざまな求人情報を駆使して自分に合った施設を選びましょう。人手が足りない業界なので、就職しようと思えば難しくはないでしょうが、適当に選んだのでは大変な思いをしてしまう可能性があります。インターネットで調べる方法やエージェントに紹介してもらう方法など、いろいろあるため、より多くの情報を集めるところから始めましょう。情報が多ければ多いほど、介護福祉士として満足できる職場に就職できる可能性が高まります。

ぴったりの職場を探そう

女性介護士

インターネットの求人サイトを使って介護福祉士の職場を調べれば、自身の条件を満たしてくれるところがすぐに見つかります。求人検索サイトのシステムは月収だったり勤務時間だったり、いろいろなことを指定できるようになっているため、希望する条件で探してみましょう。もしも、自分一人で施設を探すのが難しいと感じてしまっているのなら、介護福祉士を得意とするエージェントサービスに頼むことをおすすめします。エージェントサービスは個人の経験や希望を考慮してから、適切な施設を選んで紹介をしてくれます。履歴書の書き方や面接のアドバイスなど、さまざまなサポートをしてくれるので、安心して介護福祉士としての終活が行えるようになるでしょう。

広告募集中